スポンサーリンク

アメリカ留学中におすすめの大学内アルバイト8選【アメリカアルバイト事情を大公開】

アメリカ留学

こんにちは🌞YURIです!

 

アメリカ留学中にアルバイトをしたいけど、何か良いアルバイトないかなぁ??

今日はそんな悩みを持っている人のために、留学先の大学でできる、おすすめのアルバイト8選をまとめました!

本記事の内容
  • 留学先の大学でできるアルバイト8選
  • 必要な英語力【英語力別アルバイトまとめアリ】
  • お給料

【筆者の情報】

■大学留学中に、アメリカ・カナダへ留学

■アメリカ留学中は、現地大学の留学生サポートセンターにて8ヶ月間アルバイト

 

 

大学内のアルバイト オンキャンパスジョブとは?

学生ビザ/F-1ビザのステータスで、アメリカ留学中に働く手段の1つに、留学先大学でのアルバイトがあります。

留学先でのアルバイトは、通称「On Campus Job(オンキャンパスジョブ)」と呼ばれていて、大学の施設内で、週20時間以内であれば、働くことが許されています。

 

大学内でアルバイトするには、以下の条件が定められています。

  • F-1ビザ/学生ビザを持っている
  • 学期ごとに一定数以上受講する学生
  • GPA(成績)を一定数以上取っている
    ※単位数とGPAは大学によって異なります

 

英語力別 アルバイト一覧【8選】

英語力別に、おすすめの学内アルバイトを紹介していきます。

 

日常会話レベル TOEIC600〜695

売店スタッフ

日本の大学と同様、アメリカの大学にも、教科書や文房具、大学のオリジナルグッズを販売している売店があり、そこのスタッフです。

仕事内容
  • レジ打ち(会計)
  • 学生が教科書を探しているのを手伝う
  • 学生(お客様)の質問に答える
  • 商品の補充、陳列

新しい学期が始まる初日から5日までは、授業の教科書を買いに来る学生で賑わいます。

レジ打ちだけであれば日常会話レベル以下でも対応できますが、学生の質問に適切に回答したり、忙しい状況での他店員との連携をとって効率よく仕事を進めるためには、最低でもTOEIC600点レベルは必要です。

学食/カフェテリアの店員

大学にある学食のスタッフや、カフェの店員です。

基本的にはビッフェのようなスタイルで、学生が注文をしにきて、料理を取りに来ます。

仕事内容
  • オーダーを取る
  • 食事の盛り付け
  • レジ打ち

ランチタイム(12時〜13時頃)は非常に混むため忙しいですが、それ以外の時間は、店員同士談笑しています。

シフトが被った学生と話すことで、英語力も向上し、親しい友人を作ることもできます。

Student Deskのフロントデスクスタッフ

Student Deskとは学内のインフォメーションセンターのようなもので、学生証の発行、資料の印刷や、学内イベントのチケット購入ができる場所です。

※学校によって差はあります。

仕事内容
  • 学生証の発行
  • 学内イベントのチケット販売
  • 学割チケット(映画鑑賞券など)の販売
  • プリンターの修理

単調な業務が多いので、日常会話レベルの英語力で十分です。

私の大学のStudent Deskのスタッフは、立ち寄った学生とのコミュニケーションを大事にしている人が多く、Student Deskはいつも賑わっている印象でした。

図書館の館内アシスタント

仕事内容
  • 本の貸し出し手続き
  • 書籍探しのサポート
  • 図書館内のPCサポート
  • その他学生からの質問への回答

友人が館内アシスタントの仕事をしていましたが、かなり暇そうでした笑

複数名で作業することは少ないので、英語力を鍛えたい、アルバイトを通じて友人を作りたいという人には向いていないです。

ビジネス英語レベル TOEIC700以上

留学生サポートセンターのスタッフ

留学生サポートセンターとは、留学生の入学後の手続きのサポート、学校生活上の困りごとへの対応、留学生向けのイベントの企画・運営などを行なっている場所です。

仕事内容
  • 新入留学生の学校生活のオリエンテーションやサポート
  • 学内イベントの企画運営
  • 週次ミーティングへの出席

不安を抱えた留学生の相談に乗ったり、より良いイベントを企画するためにチーム内でディスカッションをすることも多くあるので、ビジネスレベルの英語力が必要です。

YURI<br><br><br>
YURI


筆者はここでアルバイトをしていました!

チューター

自分が受けた授業のチューターをしたり、日本人ということを生かし、日本語クラスのチューターなどができます。

学内にあるチュータリングセンターに、質問をしたい学生が来て、その質問に回答したり、授業の予習復習を手伝います。

自分が受けた授業で良い成績を取るこが必須で、学校によっては教授の推薦状が必要となります。

仕事内容
  • 学生への個別指導
  • テスト対策のサポート
  • 授業の予習復習・宿題のサポート
  • 質問への回答

質問への回答授業の内容を正確に理解すること、学生の質問に適切に回答すること、授業内容を学生に分かりやすく説明することが求められるので、高い英語力が必要です。

学生寮のスタッフRA (Residence Assistant)

多くの大学に学生寮が併設されています。学生寮のスタッフは寮長のようなイメージです。

寮の代表なので非常に重要なポジションとされます。

私の留学先ではGAP(成績)の規定が厳しく、また高い英語力を持っているネイティブスピーカーの学生が多く採用されていました。

ハードルが高い一方で、学生寮のスタッフになると、寮の費用が無料になるという、とてもお得なメリットがあります。

大学によって費用負担額は違いますが、多くの大学は無料で寮に住むことができます。

生徒会メンバー/Student Government

生徒会とは学生の代表の集まりのようなもので、学校のルールや予算、その他決まり事を先生や学内のスタッフと話し合って決める場所です。

業務で扱う内容が高度なものなので、ビジネスレベルの英語力が必要です。

自分の意見を発表する場、求められる場も多いので、英語で自分の意見をはっきりと伝えられなければなりません。

まとめ

学内アルバイトの最大のメリットは、学内にたくさんの友人が増える、交友関係が広がることです。私自身、授業を受けているだけではなかなか友人と深い関係を築くことは難しかったですが、日々の業務を通じて、お互いの考え方や人柄を理解し、長く付き合える友人が複数できました。

学校のことにも詳しくなることで、多くの学生にも頼られるようになるので、学校へのコミットメントも増えて非常に良い仕事です。

コメント

  1. […] アメリカ留学中におすすめの大学内アルバイト8選【アメリカアルバイト事… […]

  2. […] アメリカ留学中におすすめの大学内アルバイト8選【アメリカアルバイト事… アメリカ留学 留学生活 シェアする Twitter Facebook はてブ Pocket LINE コピー YURIをフォローする YURI YURI LOG […]

タイトルとURLをコピーしました