スポンサーリンク

【長期留学生向け】アメリカ留学1〜3ヶ月目でやるべきこと5つと心得

アメリカ留学

こんにちは、YURIです🌞

今回は【留学中にやるべきこと1ヶ月目〜3ヶ月目編】と題して、留学中にやるべきことと心得を説明していきます。

筆者
筆者

筆者の情報

■大手IT企業経営企画室勤務。

■学生時代に、カナダとアメリカに留学。

■海外留学や学生向けのインターン情報など体験談をもとに発信中。

この私が分かりやすく説明します。

留学初期にやるべきこと【4つ】

1、大学内で友人をたくさん作るため、パーティーや学内イベントに参加しまくる!

最初の1〜3ヶ月間は、大学内のイベントやパーティーにたくさん参加しましょう。

イベントに参加することで、大学内に友人が増えます。
大学や授業という共通の話題があるので、仲良くなりやすいです。

イベント例
  • 留学生向けの国際交流イベント
  • ハロウィン・Thanksgivingなどの季節のイベント
  • 特定のトピックについて勉強する勉強会
筆者
筆者

大学に友達がたくさんいることは、留学生活の充実に確実につながります。

最初の3ヶ月は友達作りに全力投球することをおすすめします!!!


2、SNSを交換したら、自分から連絡やアクションを取る

授業やイベント参加で仲良くなった友人には「今日は会えてよかった!ありがとう!」など、簡単なメッセージを送りましょう。

ただSNSを交換するだけよりも、簡単なメッセージを送ることで、次会う時に話しやすくなったり、

その後誕生日パーティーや遊びに誘ってもらえる可能性が増えます。

3、英会話系のmeetupに参加する

英語にまだ慣れていない1〜3ヶ月目は、英会話系のmeetupに参加することをおすすめします。

おすすめ理由
  • 英語が上手く話せない人への理解がある人が多いので、上手に話せなくても受け入れてもらいやすい
  • 会話も日常会話程度で十分
  • トークテーマが決まっているので話しやすい(お題は日常会話で足りるくらいで簡単で話しやすい)

4、留学中にやることリストを作る

やることリストは「留学前」に作成することをおすすめしますが、

現地に到着後やりたいことが増えたら、適宜追加しましょう。

部屋の見えるところに貼っておくことを、おすすめします!

5、日本人と遊ぶのは控える

留学のスタートダッシュを切りたいなら、日本人と遊ぶ時間や関わる時間は極力減らしましょう。

日本人と遊ぶ時間を、現地の友人や他の留学生と出かけて英語を使う時間に費やした方が圧倒的に良いです。

筆者
筆者

英語や留学生活に慣れてきたら、日本人とも積極的に関わって良いと思います。

海外にいる日本人は何かしらビジョンがあったり、面白い経験をしている方など、人間的に魅力的な人が多いです。

留学初期の心得3ヶ条

第一ヶ条:友人の誘いは絶対断るな!(3ヶ月間は)

最初の3ヶ月間は、友人からのパーティの誘いや遊び・集まりの誘いを断わるのは辞めましょう。

理由
  1. パーティーへの参加は、一気にたくさんの友達を作るチャンス
  2. そこで新しくできた友人が、別の機会にパーティーに誘ってくれるなどして、
    芋づる式に大量の知り合いができる。
  3. 英語のリスニング・スピーキングの勉強の絶好の場所。
  4. 「フッ軽認定」をされるので、その後も遊びに誘われやすくなる
筆者
筆者

アメリカのパーティーは、人によっては良いイメージがないかもしれません。

しかし現地のスラングを学んだり、たくさんの人と話すので、英語のスピーキングを伸ばす絶好の場と言えます。

最初は授業や現地の生活に慣れるのでいっぱいになりますが、

睡眠時間を削ってでも友人の遊びの誘いに参加することをおすすめします。

筆者
筆者

私は留学生の中でも、友人が多くて顔が広い方でした。

それはこの1ヶ条を徹底したがゆえです。

友人を増やしたい、一刻も早く英語を上達させたいという気持ちがあれば、寝ないで3ヶ月間は突っ走りましょう。

第二ヶ条:友達が多い人と仲良くなっておく

大学の中でも積極的に活動している顔の広い人や、コミュニティーの中心にいる人物と仲良くなっておきましょう。

これも芋づる式に友達を作る秘訣のうちの1つです。

筆者
筆者

私は留学当初、周りにいた友人達が、学内でも顔が広い人や学校の中心人物、友達が多い人だっので、その人達につなげてもらったおかげで、友達が増えました。

第三ヶ条:授業で1回1発言は必ずする

英語のスピーキング練習のため・第二言語を使って人前で話すのに慣れるために、授業で最低1回は発言することを心がけましょう。

苦戦しながらも頑張って発言すると、自分の英語力が上がるだけではなく、周囲の見る目も変わります。先生も頑張っている留学生として目をかけてくれたり、ネイティブの友達も手助けをしてくれます。

筆者
筆者

アメリカの授業だと、発言しないと出席点が加算されなかったり、成績が落ちる場合もあります。

成績のためにも、最低1回は授業で発言するようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

留学当初の1〜3ヶ月は特に勝負の時期です!

早めに英語を上達させて、留学生活をenjoyできるようにしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました