スポンサーリンク

【大学生向け保存版】英語でLinkedinプロフィールを書くコツ【項目別例文・解説付き】

アメリカ留学

こんにちは、YURIです🌞

今回は、LinkedInで英語プロフィールを作成したい学生向けに、プロフィールの項目ごとの記載方法をまとめました。

本記事の内容
  • 【学生向け】LinkedInプロフィールの英語での記載方法
  • 人事の目に留まるプロフィールにするには
  • サンプル文章(英語)

YURI
YURI

【筆者の情報】

  • LinkedInの繋がりが500人以上。
  • 新卒時代に外資系企業からLinkedIn経由で、ヘッドハンティングを受けた経験があり。
  • アメリカ留学中は、インターン探しやインタビューの受け手探しをLinkedInで行った。

この私が分かりやすく解説します。

プロフィール入力項目一覧

プロフィール画面には大きく分けて7つの項目を入力できます。

1、基本情報:名前、プローフィール写真、ヘッドライン(肩書き)、現在のポジション、
住んでいる国と地域、連絡先情報

2、自己紹介:SUMMARY

3、おすすめ:投稿、ブログ、リンク、メディア

4、バックグラウンド:職歴、学歴、資格、ボランティア経験

5、スキル:LinkedIn上のスキルから選択

6、実績:出版物、特許、講習コース、プロジェクト、受賞歴、テストスコア、言語、組織

7、推薦

今日は、その中でも、最低限入力しておきたい基本情報と自己紹介の書き方を取り上げて解説していきます。

プロフィールの書き方 

プロフィール写真

プロフィール写真は、印象を決める重要なポイントです。

日本の就活のような堅苦しい写真である必要はないですが、パーティーの写真やアバターの使用はやめましょう。

スマホで撮影した写真で十分です。

  • 1人で撮ったバストアップ写真
  • ごちゃごちゃした背景はNG
  • カジュアルすぎる服装は避け、シャツやドレスどのビジネスカジュアルな服装で撮影する
  • 笑顔を忘れずに
    ※日本の就活の写真は、笑顔はNGですが、温かい印象を与えるためにも、笑顔を心がけましょう

 ヘッドライン(肩書き)

名前の真下に表示されるいわゆる「肩書き」です。

書く内容
  • アピールしたい専門スキル(大学の専攻やインターンで得たスキルなど)
  • インターンやアルバイトをしている場合はそこでの職種・役職
  • インターンや求人を探している場合はその旨

この中で自分がアピールしたい内容を2〜3つ選んで記載しましょう。

内容だけ見てもどのように書くのかイメージが浮かばないと思うので、良い例と悪い例を用いて説明します。

【ヘッドラインの悪い例】

「〇〇大学の学生」という肩書きだけだと、情報が少なすぎます。

他の学生たちとの差別化ができていない、人事が使用するキーワードを使用できていない、目を引かないプロフィールになってしまうので、クリックしてプロフィールを読んでもらえなくなってしまいます。

【ヘッドラインの良い例】

「他の学生と差別化するため」「自分のアピールポイントを押し出すため」には、下記の3つの項目を含めると良いです。

①自分が将来希望する業界、職種の経験がある場合は(インターンやアルバイトなどで)その仕事の役職や部署などを入れる。【上写真内赤線】

経験がない場合は「Entry-Level ○○(仕事のタイトル)」「 Aspiring ○○(仕事のタイトル)」と入力する。

※上写真内の例だと、花子さんは、Java Software Developerを希望しているけど、経験がないので、「Aspiring Java Software Developer」と入力しています。

②業界用語を入れる。【上写真内青線】

希望の職種や業界の用語(Industry Specific Keyword)を入れておくことで、希望の業界の人事や人材会社の人にLinkedIn上で探してもらえます。

悩める人
悩める人

いやいや、英語の業界用語って言われても分からないよ!

そんな悩める人のために、業界用語を調べられるサイトを紹介しておきます。

■職種別 業界用語一覧

1,000 industry-specific keywords that will make your resume unstoppable, according to experts
Did you know that the keywords you use on your resume actually matter? It is what makes you stand out among the crowd. Use these based on your industry.

Department of Labor Home Page

上記のサイト以外にも、LinkedInの検索画面に、自分の希望の業界や職種を入力すると、その職種で働いている人のプロフィールが出てくるので、真似して自身のプロフィールにも入れ込みましょう!

例えば、マーケティングフィールドを希望している場合、marketing managerと入力すると過機能用にマーケティングを専門としている人たちのプロフィールが出てきます。

③自分が得意とする/経験のあるハードスキル(※)を入力しましょう。【上写真内黄色線】

※ハードスキルとは:資格や専門的なスキル、専門的な技術。経理や設計・開発などの専門職、コンピューター技術など

上記の例を踏まえて、ポイントをまとめると。。。。

  • 自分の興味のある職種・業界を入れる
  • 業界用語(Industry Specific Keyword)を含める
  • 求人を探している場合は、探しているポジションを記載する

ヘッドラインの文章例が記載されているサイトです!

最初はなかなか書くのに苦労すると思うので、下記のサイトや他の人のプロフィールを参考にして書いてみてくださいね!

https://resumeworded.com/linkedin-review/linkedin-headline-examples-for-students

 自己紹介/SUMMARY

ヘッドラインに興味を持ってもらったら、次にみられるのが自己紹介/SUMMARYです。

自分が強調したい専門スキルやこれまでのインターンシップやアルバイト経験、将来働きたいフィールドを記載します。

書く内容
  • アピールしたい専門スキル、それを使用して活躍した経験
  • 現在勤めている会社、職種、職位
  • インターンやアルバイトでの業績のハイライト
  • 資格やリーダシップ経験など
  • 受賞歴など

書き方は箇条書きでも、文章でもどちらでもOKです。

文章で書く場合は、読みやすさを考えて2〜3パラグラフに分けて記載しましょう。

  • 一行目には、自分が得意としている/アピールしたい専門スキルや経験を書く
  • スキルを連ねるだけではなく、そのスキルを使用して活躍した経験を書く。定量的に判断してもらうために、数字などでどれだけインパクトを与えたかも書く。
  • 業界用語(Industry Specific Keyword)を入れ込む

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、学生向けに英語でのLinkedInプロフィールの作成方法を解説しました。

次回は職歴・学歴や、スキル、その他各項目の記載方法について解説しますので、チェックしてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました